アイズワイズ気功教室・「気」の世界

アイズワイズ気功教室・「気」の世界 気功教室は、名古屋・京都で開催

気功夏合宿 参加受付中!

2016年7月16日( 土)~18 日(祝) 気功夏合宿 参加受付中!

気功夏合宿 参加受付中!

手のひら呼吸って、こんなにスゴいものだったの?

気功は「大事な人の一大事に、どうしても力になりたい」と思う方に、大きな希望を与えてくれます。気で寄りそい、気で力づけ、気で一緒に困難に立ち向かう。「気の世界」だからこそ、ほかの存在の力になれるのです。

今年の『気功師養成講座』では、「手のひら呼吸」から始まる様々な実修を通じて、また、根底にある理論を学ぶことで、力を養っています。

長年受講されている方々は、「手のひら呼吸」はかなり「昔に習ったもの」という感じのようですが、改めて、なぜ手のひら呼吸が大事なのか、そもそも、手のひら呼吸は何なのか、手のひら呼吸で起きていることは何なのか、を一つ一つ学びながら実修を行うと、目を見開かされる発見があるようです。

「自分は全然できていないと思っていた事が、実はできていた」という発見。気功は、形のない世界です。他人と比べる事はできません。自分がどこまで出来ているのか、自分でも分からないことが多いです。そこをハッキリさせると、次に何をすれば良いか、分かってきます。

そして「手のひら呼吸がこんなにスゴいものだった」という発見もあります。生命に気が宿り息づいていることを感じると、自然の大きさに圧倒されます。

「気を読む」プロセスで脱落しないために

手のひら呼吸で気を感じ、自分の手から気を出す・・・ところまでは、わりと順調に進む方が多いのですが、その次の「気を読む」というプロセスで、様々な理由で先に進めなくなるケースが多いものです。無理もありません。すでにかなり高度な内容だからです。

令子先生は、「初心者から高度な内容に取り組むことで、実力をつけるスピードが圧倒的に速くなる」というお考えです。 「さっさと上のことに触れた方が成長は早い。それに、時間との戦いになるかもしれないでしょ。大事な人の一大事に力になりたいと願うのなら。」と。

だから、「気を読むプロセス」に、かなり早く入っていきます。最初から自信が持てるはずなどないのですが、そこはまじめな日本人。ご自分で「自信がないことを考え込む」トラップに入ってしまうと、何をしているのか分からなくなります。 そして脱落したり、スルーしたまま先に進んだりということになりかねません。

自分のレベルに合った実修ができる

つまり、「気を読む」プロセスは、難しいけどなんとか通り抜けてほしいステップなのです。「気を読まなくても気功ができるように教えている」とおっしゃっているので、気が読めないことが相手の方に気功をやらない理由にはなりません。

しかし、気を読めれば、いざという時、はっきりと流れがつかめる。大事な局面で強力な道しるべになるのです。いかに大事か、お分かりでしょうか。

そこで、「夏合宿」では、「気を読む」プロセスに集中して学んで頂くことになりました。この先『養成講座』でも、「気を読む」プロセスにはかなり時間をかけていきます。「夏合宿」との違いは、いろいろありますが、「合宿」では、その場で質問したり、自分のレベルを確認しながら、先に進んでいることを実感できるという特徴があります。「気を読む」と言っても実に奥が深いので、いくつものステップに分け、初心者と経験者、さらに経験年数、級・段、今年の『養成』を受講しているか否かなどに基づいて、ご自分が必要としていること、足りないことをしっかりと学べることになっています。

今年の『養成』を受講している方も、以前、気功を習っていた方も、かなり久しぶりの方も、全く初めての方も、「気を読む」力を身につけて、大きく飛躍して下さい。(初心者は、もちろん、手のひら呼吸から始めます。)

たとえば、以前習っていた方が、「自分で練習を続けよう」と思っても、「気を出す」ことは簡単ですが、「気を読む」ことを自分で練習して力を維持するのは、至難のわざです。ひとりよがりになってしまうからです。

ともかく、すでに、手のひら呼吸を学んで、自分の手から気を出すこともできるのなら、せっかくだから、その先に行って相手の気を読めるようにしませんか。そこは、全く別な世界です。

合宿ならではの「気の巡る身体」つくり

「さなぎと蝶」から始まる動きの数々は、とにかく柔軟で気の巡りの良い身体を作り上げていきます。去年の「肩と腰を中心に柔らかくする」バージョンは、ターニングポイントになった方、多かったようです。今年はさらにグレードが上がりますので、ご期待ください。疲れた方、這ってでもいらしてください。帰りは、軽い身体になっているはずです。

【今年の参加者の声】

  • 色々な人たちとの実修を通じて、私にも気感があったんだと嬉しくなりました。基本を確実にやっていきたいと思う一方、随分遠くまで来たんだなぁという感慨もありました。(O・K さん 女性)
  • ご講義も実修も、再確認と新たな発見と気づき、そして驚きがいっぱいでした。本当に深く楽しい内容で、身も心も軽くなりました。(K・C さん 女性)
  • 感想を一言でいうと、「本当に高度な気功を教えていただいている!」です。「スト蝶での気の巡りが良くなる身体づくり」「型を捨てたこと」「思い込みを取り払うこと」「自分が向かう方向を一本化すること」など、教えていただいていることの全てが気功の上達につながっているんですね。(K・K さん 男性)
  • 手のひら呼吸で、すごく身体がゆるんできました。また、天の気に心を向けるだけで受ける気が変わり、送りやすくもなりました。自分の気を整えることの大切さを沢山実感しました。(M・J さん 女性)
  • 以前やっていた実修を再びやってみて、今になって実感できた感じです。「あら、私、けっこう気功できるんじゃないの!?』と思いました。ちょっとした意識の持ちかたで気が変わるので、日常、こんな気を発していたんだと反省することしきりで、これから日常に生かしていこうと思いました。(H・H さん 女性)
  • 色々な人と手のひら呼吸をしているうちに、身体の中がとても暖かくなりました。たとえば、走ったら暖かくなる、というのとは違った感じでした。気血のめぐりが良くなったのでしょうか。(E・K さん 男性)
  • 手のひら呼吸の実修にてごたえを感じ、自分でも驚きました。また、基本中の基本であり、常に立ち戻るべきところであるというお話、形にとらわれずに自由闊達に伝えることが気功の醍醐味であると同時に、形があると形に集中できるので形も貴重な財産であることなど、大事なことを教わりました。(N・K さん 男性)
  • 「手のひら呼吸」のバリエーションが変わると、こんなにも気の流れが変わるのかと驚きました。日常での気の出し方もかえりみて、おしつけがましい気だと周りに迷惑をかけるので、改善しようと思いました。(Y・Y さん 女性)
  • 手のひら呼吸を数人の方とやってみると、全身に気が巡りました。手のひらで起きていることは、全身でも起きている、というお話に納得しました。(M・M さん 女性)
  • 手のひらの感覚が「自分のもの」なのか、「相手のもの」なのか、少し区別できたかな、と思いました。相手の手がスッと離れた時には、スパッと切れたような感覚がありました。(M・Y さん 女性)
  • 「手のひら呼吸」の実修では、こんなにもきめ細かく感覚をつかむ練習が必要なのかと、少しビックリしました。今まで、なんと適当であいまいな練習をしてきたことか・・・ やはり「自習」を何度も繰り返さないと話にならないと思いました。(Y・A さん 女性)
  • 「気が読めないと気功はできない、という教え方はしていない」というお言葉に、気の大きさに触れた気がします。本当に学ぶものの心を柔らかくして下さるなぁ、と思いました。(H・S さん 女性)
  • 昔を思い出しながら実修して、信じられないくらい早く違いを感じることができました。だからこそ、今、何が出来るのか、何が出来ないのかを知る事が大切だと思いました。(O・I さん 女性)
  • ●相手の気を読む時、「今感じているのは果たして相手の気なのか、自分の気なのか」と、気功を始めた頃はずいぶん迷ったものです。今はあまりその事を気にせずに、気を読んだつもりになっていました。いつの間にか慣れてしまい、できた気分になっている自分に気づかされました。もう一度、初心を思い出し、手のひら呼吸の練習に励みます。(U・T さん 女性)
  • ●手のひら呼吸を、改めて奥の深いものと感じました。行うだけで、全身の気の巡りも良くなります。(M・G さん 男性)
  • ●「相手の気を読むとはどういうことか」のご説明がとても分かりやすかったです。まず基本は自分の手のひらの気感だということなので、毎日練習するようにします。(W・M さん 男性)

合宿のお申込み方法・ご注意下さい。

◇会場は、去年までと同じです。北海道から九州まで、全国からアクセスが抜群に良いところです。名古屋駅・中部国際空港から一時間以内です。

◇日程は、7月16日(土)正午~18日(祝)正午。

◇会場と隣接している宿泊施設での宿泊できる部屋数には限りがございます。お申込み順にお受けしますので、できるだけ早めにご予約下さい。また、同室希望など、ご希望に添えないこともありますので、あらかじめご諒承下さい。

◇会場内が広くて移動が多いため、全日程全員おそろいのTシャツを着ます。Tシャツの色が過去年と同じです。 申し込み用紙に、去年の参加者も必要であればサイズと数をお書き下さい。初めて参加される方は、2枚は必ずお求め下さい。汗を大量にかくので、洗い替えが必要です。 6月15日以前にTシャツをお申込みの場合、サイズは確保致します。それ以降の方は、サイズが違うものになる可能性がありますので、あらかじめご諒承下さい。

◇正式なお申し込みは、申込書に必要事項を書いて、 参加費(銀行振り込みでもOK)を添えてお出し下さい。

◇実費は現地で清算して下さい。
Tシャツ代、そのほかの実費も現地で。

お問い合わせ

アイズワイズ気功教室

〒194-0021 東京都町田市中町1-12-16-401
TEL/FAX:050-3615-4980

気功夏合宿のお問い合わせは こちらから