アイズワイズ気功教室・「気」の世界

アイズワイズ気功教室・「気」の世界 気功教室は、名古屋・京都で開催

2010年 夏合宿気功

2010年 夏合宿気功 「解き放たれて、こんこんと力がみなぎる!」

神奈川県 湯田さん 男性 70歳 無職

3年ぶりで合宿にやっとの思いで出席させていただくことができました。その間に思い至ったことがありました。それは先生から伝授されているのは単に知識だけではなく、形としては認識できないが、心や霊にまで働きかけて下さるもの、そのことの方が最も日常生活や今後の人生にとって大切なものであると確信しております。私の霊に響いてくる何かを大切にしてゆきたいと思います。

早朝4時20分既に東の空は朱に染まっている。太陽が顔を出すのを今か今かと私たちは待っています。4時48分太陽が顔を出し始める。今までモノトーン一色だった景色は、海は金色に、私たちの顔は生気に満ち満ちてくる。松も砂浜も本来の姿を見せ始めた。新しい一日が始まったのだ。

三日間とも好天に恵まれた今回の合宿は私たちに更に意義のあるものとなりました。家にいては感ずることも体験することも決してできない貴重な3日間になりました。

その体験は私たちの今後に正しい羅針盤の役目を果たしてくれるはずである。富士山は初日、二日目、三日目と私たちにその全容を見せてくれました。雲の衣をまとった一日目、合宿二日目、日の出を私たちは待ちました。直ぐ飛行機雲が上空へドンドン上昇していきます。太陽が顔を出す直前その飛行機雲が金色に輝き出し、いつまでもいつまでも続きました。三日目今度は太陽が姿を見せる数十分、光の柱が上空へ上空へと立ち昇ります。「あぁ、なんと美しいことか」自然は一日として同じ姿は見せないのだ。自分もそうありたいと思いました。

三日目肩を組んで歌を聴いていて、最初笑顔だったのに不覚にも突然こみ上げてくるものがありました。何と仲間は素晴らしいことか。今回の参加で、気功治療において、相手に対して押し付けるようなところがステップアップの弊害になっていたこと、自然に生きるをモットーにしてきたつもりで更に自然に身をゆだねる必要を感じました。これらを自分のものにする努力をし、形になっていないものが私を変えてくれることに期待します。

先生にも、スタッフの皆様にも、心より感謝すると共に「男性諸氏よ!合宿に参加しよう」 合掌

東京都 佐藤さん 45歳 女性 会社員

いま自分がここで変わらないと前に進めないと感じる局面に来ており、一歩踏み出すための何かを掴みたい。そして自分の傷はもう癒されることがないと、どこかで思っており、それがなくなったらどんな状態なのかを感じてみたいと思い参加しました。

富士山&浜辺というロケーションだけでも癒される、というよりは活力をいただける環境でした。特に海に向かっての排功は身体は疲れつつも解放感がありました。

第一日目の浜辺での実習は「いまさら身体がうごくのかな?」と少し後ろ向きの気持ちで参加しました。しかしいざ始めてみると以外にも自分の身体が小学校の頃のような感覚で動けたので、これも自分の中にある種の決め付けだったのかもしれない、と思いました。もしかしたらもっと解放されたいと感じているのかもしれません。

昨年の養成講座のあたりからかなり偏った思い込みをしている、ということを感じ始めていました。しかしその思い込みの枠から抜け出すことができず、ずっともがいていました。自分を信じたくても素直に信じられない自分がいました。ともかく実行して結果を出そう、色々実践してみましたが思うような結果は得られず、返って落ち込むような日々でした。自分の人生の目標を他者にゆだねているだけで、自分がどう生きたいかという視点が抜けてしまっているのだと思いました。

しかし大きな自然の中で皆さんと一緒に実習していく中で、自分の中にある力から背を向けている自分に気がつきました。どうしても心から自分に自身が持てず、ウジウジしている自分さえも解き放っていいのかもしれない、と思えたと同時に、なにか大きな力が自分を取り巻いているようにも感じました。

上手く説明できないのですが、大きな力をいただけていることに身体を通してきづけてきたと思えます。後ろ向きな自分をもっと手離して大きな力を信じて進めていけそうです。

新潟県 波多野さん 女性 41 会社員

自分なりの答えを見つけるために参加しました答えとは言わなくてもヒントだけでもつかみたいと思いました。又、自分にネガティブなものにしか反応、共鳴していない思考や行動の癖のあることを感じ、その世界からシフトしたい、向こう側に行きたいと思いました。合宿はそのきっかけになるのではないかと思い参加しました。

自分の身体や心の声をストレートに感じることができたと思います。自分なりの、自分にあったエネルギーの表現方法があるはずで、それを探しているのだ、と感じました。そして強く求めているのだと感じました。一緒に気功師養成講座をスタートした友との再開、一緒に実習ができたことが嬉しかったです。

自分のペースで自分が感じることにもっと耳を傾けてみようと思いました。合宿では各々が自分のペースで感じることを楽しんでいて、それを皆が受け入れてる空気に包まれていると感じました。その安心感の中で自分の中の何かを取り戻す鍵を見つけられたように思います。

こういう場所だったからこそ、皆と一緒だったからこそ得られたものだと心から思いました。相手に自分が与えられるのではなく、相手から自分が力を頂いているように感じました。逆転の発想であり、治療や生き方の突破になりました。相手という部分に自分を入れても同じと思いました。部屋のメンバーと話していて発見したことも多かったです。本当にそうだ、と共感しました。

メンバー全員と最終日部屋を後にする前に円陣を組み、一人づつ声を出して気合を入れ、エールを送りあいました。力が湧きました。楽しかった。

自分がやれることを一生懸命やればいい、それだけなんだ、と身体と心で感じられました。その自分が周りの皆に支えられている、皆と共にあることを実感した時、感動がありました。受け入れる、受け入れられるってこういうことなんだろうか、漠然としていますが温かくて安心したものが心に芽生えました。

これからは自分を信じ自分のエネルギーが最も喜び生かされ、輝ける道をこれから残りの人生全力で探し求めたいです。少しづつでも勇気を持って進んでいくんだ!ありのままでいいんだ、もっともっと素直になりたい!という気持ちです。

三重県 田中さん 男性 46歳 会社員

気功も生活(仕事も含め)ここ数年同じようなペースで同じような事をし続けてきた結果、どこか閉塞感というか、行き詰まり感を感じていました。毎年夏合宿の日程には用事が重なり参加できなかったのですが、今年はたまたまスケジュールがあいたので参加できました。この行き詰まり感を変えたいと思っての参加です。

初めて合宿に参加したのは6年前で、その時は自分が気功1年目ということもあり、見るもの全てが未知の世界で、合宿に於いてもお世話してくださる方々のことをスタッフ側の方なのだと「スタッフ側」VS「一般参加者」という構図で理解していました。

今回の合宿では自分もお手伝い班として参画することで合宿の空気が自分と呼応して動いているように感じています。できるだけ多くの参加者が、もっと言うと参加者全員が「自分がこの合宿の流れを少しでもスムーズにする」と考えて動くことで、より一体感や、合宿に入れ込む気持ちが高まり、「合宿から何を得るか?(与えられるかではない)」に集中できていくことを感じました。

いつも会社では自分が組織を引っ張らなければと必死になっていますが、「全員が船を漕ぐ」というようなチーム運営のヒントを貰ったような気がします。

そして人との関わり方で一歩踏み込みながら、その人(の気)が欲するところに寄り添えるような気がします。今日からは迷っても構わない、そして寄り添う、という気持ちで生きていけそうです。

愛知県 柳田さん 女性 42歳 公務員

今回の合宿テーマに非常に期待しました。またそこから何が展開するんだろうか、という想像が膨らみ、どんな自分に出会えるのか楽しみに申し込みをしました。

早朝のジョギングは学生以来していなかったのですが、意外とできたので自分にとっては新鮮、驚き、発見でした。

御講義、実習では素直であることの難しさを感じましたが、そのような素直でない自分も、ただ目の前の人の癒えようとする力を信じることはできると思いました。また相手の方の身体が癒えたい、と言っているような気もしました。気感も以前とは全然違い、波のように湧き上がる力強さを感じました。自分の中に好き嫌いが強く出てしまいますが、相手の中の何か一点でも信じることができれば随分と大きく何かが変わっていくものなんだなあ、と思います。相手も自分もまずはそのままを見ることが一歩だなあと思います。

これまでの自分は本当にこうでなければ、という自信のこだわりで色々な物を見てきているとつくづく感じました。もっと大きなものを信じてみよう、信じてみたいと思いました。これから真っ直ぐ生きたいと思います。本当に本当にありがとうございました。

神奈川県 加藤さん 男性 51歳 教員

自分の殻を破り、あるがままに天の気を頂き、気功治療をする。そのきっかけを得たいと思っていました。感動したことはなんと言っても日の出です。あの幻想的な風景は素晴らしい、の一言です。そして既にある天の気、ただこうして存在しているもの、それに素直にアクセスできず、フィルターをかけて複雑にして力んでしまうのは自分の中にあるということに実感として気付けたことが一番大きな収穫です。

また一歩進めそうです。そのきっかけを得られた気がします。天の気の一部として繋がっている多くの人に天の気を伝えていくぞ、という気持ちで生きていけます。

埼玉県 田川さん 女性 54歳 主婦

合宿は毎回想像していなかったものをドーンと与えて下さり、感動の連続です。今年は何が起こるんだろう、と楽しみにしていました。素晴らしい景観でした。これ程美しい日の出を見たことはありませんでした。それも2日間も。感動しました。

更に排功では心から「まだ足りない!」と何度も気合を入れて頂きました。思いっきり声を出すことの良さを終わってから知りました。班の方にも大変お世話になってしまって、最後にはひとつにまとまっていた様でした。部屋でご一緒した人達も、とても気さくで面白みのある方でホッとしました。

気功では令子先生の誘導でいままでとは全く違ったものになった気がします。貴重な体験ができてよかったです。これ程皆全く違う治療をするものなのかと、すごい驚きでした。これからの自分の課題となりました。

護り九字は気合を入れて頂き、ありがたかったです。身体が熱くなりました。大宇宙気功もありがとうございました。気功の奥の深さを感じされられました。まだまだ人には可能性があります。私にも。これから自分の中の何かを引き出していきたいです。令子先生、講師の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

静岡県 山梨さん 男性 45歳 会社員

まず合宿の場所が地元である、ということは何を置いても参加すべきと思いました。そして今年の養成講座のテーマを実習し、身に付けるのに合宿は必要なものだと思っていたからです。自分が全力を出すということを自分に期待し参加しました。

広い砂浜と富士山、伊豆半島、風、波の音、セミの声、漁船、太陽、ヨット、釣り人などが視界に入り、肌で感じられました。その気も当然受けることで、力まずに淡々と笑みも浮かんできながら、実習できたことが良かったです。

今回の参加で未熟な私(と自分で思っている)を以前より許せる気持ちが出ました。自分も周りの人も出会う人も、草も木も海も山も動物もみんな宇宙の一部、そして全てでもある。そんな中で自分は生きている、活かされているんだという気持ちで今日から生きていけそうです。ありがとうございました。

岐阜県 山田さん 男性 51歳 会社員

仕事以外には何もやる気になれない状態が長く続いていたので、特に気功に関しては前に進む力にしたいという思いと、今年の養成講座のテーマの状態に心と身体を持っていけるようにしたいと思って参加しました。

普段身体を使うことがあまりなく、足腰の萎えも感じていましたが、初日のビーチフラッグやドッヂボールの後、足を上げるのもキツイ程の状態になり、やはりこのままではどんどん衰えていくばかりだなということを、しっかり気付かされました。

しかしこの足のだるさは決して不快ではなく、むしろとても心地良いと感じています。このように身体は思いっきり動くことを求めていて、そうしてこそ生き生きとなっていくように感じました。ゆったりと身体を休ませることが癒しに繋がるというわけではなく、しっかりと動き、身体の欲するように活動することが癒しに繋がるのだと思いました。

今回バンドのギターの役割をお引き受けしました。不安でしたが、何とかなりお役に立ててホッとする共に本当によい経験をさせて頂けたことがありがたく、させて頂いてよかったと思います。他にもわずかながらお手伝いをさせて頂いて、いつも大変な準備をして頂いて成り立っているのだということを改めて気付けました。

消極的だった自分が自ら行動を起こすようになり、自分の存在をまず自分が認められるようになり、今迄よりも、周りの為にという気持ちになれるように思います。

広島県 阿部さん 女性 52歳 教員

自分がストレスを抱え、不健康な状態では他の人によい影響を与えづらいどころか、悪影響も及ぼしかねないと本当に思えたため、少しでも自分の状態を改善しようと思いました。富士山、日の出、海などとても素敵でした。

令子先生やスタッフの方々と親しく接するお時間も頂きありがとうございます。気功治療では何かありがたく、ありがたく、涙が止まりませんでした。自分が本当に小さな存在であり、その周りには何か大きなものが満ちていると感じられました。相手と自分が一緒になれ、それをありがたいと思えました。

これからもっと大きく優しく深い何かに心を向けていけそうです。

神奈川県 景山さん 女性 59歳 飲食業

気功治療をはじめ、全てに自信がなく、モヤモヤした心を何とかしたいと思っていました。合宿では富士山も見え、海の力を頂けたせいか、排功も最後までパワフルにできたように思います。

ドッヂボールも2回もやり、早歩きも2回もやりました。私は応援するほうだと思っていましたが、今回は子供のようにと、人目を気にしないように思いながらやったのがよかったのか、とても楽しく部屋の皆さんとも気を使うことなくとてもいい感じでした。

よくはわかりませんが閉ざした心が少しだけ開いたような感じがしています。今日からは、明るく前向きに、そして積極的に!

埼玉県 里さん 男性 41歳 訪問マッサージ

癒されて元気になりたいと思っていました。合宿に伺う前日までは疲労感が強く残っていました。当日は合宿に参加することを目標にやってくる、という申し訳ない感じでしたが、ホテルに近づく頃からウキウキするような気持ちがしました。

来る前と今では疲労感が薄れ、不安感も減少し気力が出てきました。今日から、やるだけやってみよう、という気持ちでいけそうです。

神奈川県 森野さん 女性 55歳 ピアノ講師

この半年間自分の周りの状況に左右され、真剣に気功に取り組むことができていませんでした。ここでまた自分の観念に気付き、壁を乗り越え、新しい境地に立ってもう一度気功をやりたいと思い参加しました。

合宿では景色が美しく、最高のロケーションで感動しました。皆と砂浜で遊んだり、歌ったり、楽しい一時を共有できて一体感と共に自分に対する自信が湧いてきました。

令子先生の御講義も感激しました。今は自分を受け入れて前に前に明るい方向に進もう、というきっかけになったように思います。前よりは前向きに成ったと思うので、少し明るく、また少し冷静になったと思います。

群馬県 大澤さん 女性 55歳 美容関係

素直に天の気を感じ、自分自身の気功治療に活かしたいと思い参加しました。実習の中で講師の方にアドバイスを頂いたことがとてもよかったです。これからの気功治療に気をつけてやっていこうと思います。

合宿に参加し少し明るくなりました。どうしてもネガティブなことを口にしていたり、考え方もそうなっていたので、改めてプラス思考でいこうと思います。

京都府 栢分さん 男性 58歳 会社員

今回の合宿は合宿テーマに興味があったため参加しました。ここ数年夜明けを起きて迎えることがなかったため、こうして合宿で夜明けを迎えることができ、改めて生かして頂いている事のありがたさを感じました。感謝です。

子供の頃の感覚を思い出し、リセットして、充電された気持ち、自由な気持ち、固さが取れた気持ちで、また今から進むことができそうです。

神奈川県 柳川さん 女性 45歳 主婦

皆で歌う歌を考えたり、細かいところまで歌い方を決めたりしたこと、皆真剣に一生懸命に行動しているところが素晴らしいと思いました。

富士山を横に日の出が見れて最高でした。大きな声を出したり、普段と離れた生活が良かった。気功治療や御講義でも新たな発見があったりしました。楽しい合宿で皆の素晴らしいところがわかったので、自分も毎日充実して過ごそうと思いました。これから今日のことを思い出して過ごしていきまーす。

東京都 榎本さん 男性 61歳 会社員

合宿では毎回大きな収穫を頂いているので参加しました。身体が一部不調なので回復のきっかけを期待しました。

早朝の富士山と海のシチュエーションで気功をしてとても気持ちよかったです。排功で大きな声を出して、右胸にあったコリ(わだかまり?)が取れました。

令子先生の御講義は考えさせられることが多かったです。今回参加する前と今では、声を出すことにより体調が相当回復しそうだと希望が持てました。今日から正しく明るく元気に生きていきたいです。

香川県 本釜さん 女性 56歳 公務員

合宿には継続して参加したいと思っていました。日常と違う時間を持ち、忘れかけていた本当の自分に帰りたかったので参加を決めました。 気功治療の御講義が良く、終わりがなく進化していることに感動しました。 去年もそうでしたが、海辺での歌は涙が出そうになりました。良かったです。参加する前より明るくなりました。今日から前向きに生きていけそうです。

茨城県 菊池さん 女性 58歳 パート

「こんこんと力がみなぎる」ってどんな感じだろうか?とても興味があり参加しました。とても素晴らしい合宿でした。天候に恵まれ、ロケーションも最高。日の出、ウォーキングなど全て前向きに積極的な気持ちで参加でき、全ての行事ですごく力を頂ました。

また、同室の二人の方は今年の気功師養成講座に参加されている方ではなく、色々な話ができ勇気を頂きました。気持ちがとても前向きになり、方の力を抜いてもっともっと積極的に生きていけそうです。

兵庫県 山本さん 女性62歳 主婦

毎年楽しく成長できるので、今年も参加しました。気功治療の実習では新たな事が解りました。素直に、と言われたのが少しだけつかめたような気がします。良かったです。合宿に行ってからは、なにか周りの人が好きだな、と思えます。これから楽しく気持ちよく生きていけそうです。