アイズワイズ気功教室・「気」の世界

アイズワイズ気功教室・「気」の世界 気功教室は、名古屋・京都で開催

受講生の気功実践例

気功師養成講座 受講生の気功実践例 2

術後の縫合跡の治りを促進 佐山信子さん
関東養成 佐山さん 女性

甲状腺癌術後の女性 58歳

開始平成18年1月中旬より土日に直接気功、平日は遠隔気功、各約1時間位。 放射線治療の為、入院中は隔離されているということだった。 病室出入りは医師のみとされ、薬を飲ませに来る人間は放射線からの防護服を着衣し、薬は金属容器に入っていたとのこと。薬を飲んだ時に、この病気の人物が着ていた服は焼却されたという。普通の人間にはそれだけ被爆の危険性が高いということのようで、この薬を飲んだ後、放射線の体内の残留量が、他人を被爆させないレベルになった段階で退院出来るということだった。

入院中は、放射線が病気治療に必要な分だけ残り、必要のないものは速やかに排出されるように遠隔を行なったところ 順調に残留量が減り、退院となった。

しかし、甲状腺手術を行なった縫合部分の治りが悪いとのこと。その為、入院中にも2度手術を行なったという。 再度入院して3度目の手術を行なうと医師より宣告された。 本人の患部である首は、まるで全体が首輪をはめられたように固い固い気で覆われており、患部も含めて本人の心の不安や不安定をも包むように気功を行なっていった。 続けたところ、ほどなく受診した時に、医師より「自然治癒力で治っています」と言われたとのことで、3度目の手術を受けずに済んだとのこと。

薬の副作用の抜け毛を阻止
関東養成 佐山さん 女性

ホルモン剤治療により抜け毛の女性 58歳

前述の同人物の別な症状として、髪の毛が抜けて来るというものがあった。 これはホルモン剤治療の影響とのことだが、毎日枕に着く抜け毛が多いという。 気の状態としては、頭全体の気が乱れており、頭皮の毛根部分が非常に緩くなって来ている感じ。このままだと、ごっそり全部抜けそうな感じが伝わって来た。 気が乱れ切っている髪の毛と頭皮の気を整えていったところ、行きつ戻りつしながら徐々に枕に付く抜け毛が減ってゆき、通常で「毎日1本くらいの抜け毛が枕に付いている状態になりました」と報告を受けた。

5分ではっきりと目に見える効果
関東養成 榎本さん 女性

抜歯後の腫れと打ち身の女性 25歳

親知らずを抜歯し、腫れてしまって唾も飲み込めないと言う。 5分ほど直接気功すると、みるみる頬の腫れが引き、唾が飲み込めるほど痛みがなくなった。 スノボーをしていて、転んで膝の内側を打ってしまったいう。大きな赤紫のあざになっている。5分ほど直接気功すると、色がさめてきて、青白い部分が段々広がってきた。両方とも目に見えるので解り易かった。

4回の気功で膵臓癌疑いが白に
関東養成 佐向さん 男性

膵臓に病変有り要再検査の男性 67歳

膵臓に一部変異があり、癌の疑い。一般的に膵臓の場合は進行が早く、時間との戦いとなると聞いている。ユニバースに助けを求めて来たこの男性への最初の気功は講師の方と共に行なった。講師からはもの凄い気迫と凄いパワー、エネルギーが伝わってくる。命がかかっている気功はこのようにするのかと感じ入る。約1時間の気功。

2回目の気功の時には、最初の気の状態よりは随分落ち着いていた。しかし、ストレスがエネルギーとなって吹き出して来る。相手の気の波に沿わせるようにして気功をする。

3回目位から、少し良くなった状態が感じられた。この頃になると「お腹が温かくなって気持ち良くなりました」と感想が聞かれるようになった。

そして4回目の気功が終わり、その後、「治りました!」と報告があった。相手の方はもの凄く嬉しそうで「有難うございました」と繰り返し、検査結果を詳しく知らせてくれ本当に嬉しかった。

2回目以降、クラスにも出てリラックスし、この方自身の努力と共に気の循環の回復に大いに役立ったのだと思う。

腰の激痛が消え歩行が楽々と
関東養成 佐向さん 男性

下肢の痺れで歩行困難の女性 40歳

腰椎椎間板ヘルニアで、随核が飛び出して神経を圧迫しているため、下肢の痺れや痛みが酷く、歩くことや座ることがままならない状態。入院治療を受けていたという。本人は、うつぶせで寝ることも出来ず、体をくの字にして横になった。

気の状態は腰だけでなく、全身のどこもかしもが悪い状態と感じられた。 1回目の気功は約1時間。全身の気のバランスを整える方向で行なった。この日の帰りは、まだヨロヨロとして帰る。 2回目も同様に行なう。すると途中で、劇的に気の状態が変化した。 3回目の気功時、「殆ど痛みが無くなりました」とのこと。その日の帰り、本人は、「全く普通にバスに乗って帰れた!」と驚き喜んでいた。

ストレスが消えて眼が改善
関東養成 佐向さん 男性

両眼緑内障の女性 57歳

初回約1時間の気功。疲れ果てて気は出口が無いような状態。一生懸命に気功すると、体が弛み、同時に泣き出される。この方の中に溜まっていた不快感が出ては消えてゆく。肝臓の辺りをほぐすと気が発散されて流れ出して行った。

2回目以降、眼を重点的に気功。「気功中、自分が光の方に向かって飛んでいました。そして声ではない声から『心を込めて行きなさい』と言われて泣けました」と。 回を重ねる毎に気の流れは改善されたが、その度に「気持ちがいい!」「幸せ」といつも感激をされる。その後の検査で右眼は回復しつつあると。自分自身の力で気の呼吸を刻むことが出来るよう引き続き気功する。

確かな気の感覚で気功して完治
関西養成 近藤さん 女性

急な発熱で飲まず食わずの女児 3歳

夜中に電話。お孫さんが急な発熱だが土曜で、病院がどこも閉まっていて、解熱剤を使ったが、全く効き目がない。何も食べず、飲まずただ泣きじゃくっていて、どうしたらいいかわからない、助けてほしい、とのこと。遠隔をすると、口、喉に強い炎症を感じる。おばあ様がパニックに陥っているので、落ち着かせてアドバイスをし、1時間ほど遠隔。

翌朝、おばあ様から電話があり、「あれから孫はすぐに泣き止み、すやすや眠ってくれました。朝は、すっかり熱も下がり、朝ごはんも少し食べました。うそのようです。」と。

2、3日後、電話があり、「念のためにその日、病院に連れて行ったら、ヘルペス性口内炎だったようだが、もう症状は治まっていますと言われた」と。

「背中の荷物を降ろした様」に楽
関西養成 近藤さん 女性

頭の中が揺れ立っていられない女性 62歳

数年前から、不定期に突然、頭の中が地震で揺れているときのようにグラグラして、立っていられなくなるが、めまいではないとのこと。3箇所ほど病院に行ったが、原因不明とのこと。安定剤もあまり効き目がないらしい。本人は、かなり辛いし、仕事もできないため、頻繁に病院に行くと「気のせいでしょう。」で、片付けられるとのこと。

2時間くらいずつ4回直接気功+遠隔随時。最初は、自律神経に関する症状かと思ったが、気功を始めると、そうでもなさそうな気がした。全身をみると頚椎の下あたりの奥の凝りがひどく、すべてがそこに集約されているかもしれない。

自覚症状はなし。最初は、なんの変化もなかったが、3回目の気功後、何か硬さが和らぎ、4回目の気功時には、以前に感じていた頚椎の下あたりのどす黒い塊りがなくなり少しずつ流れはじめていた。ご本人も背中の荷物を降ろしたように軽くなったとおっしゃっていた。

その後、4ヶ月ほど経つが症状は出ていないということ。

内臓の気が流れて元気に戻る
関西養成 近藤さん 女性

急性アルコール中毒状態の男性 58歳

何も食べずにお酒を飲み、その後、バスに乗り、顔面蒼白、吐くこともできず、呼吸もしづらそうになり、うつぶせたままビクとも動けなくなる。

団体旅行で同乗していたので、急いでその方の隣の席に移り、2時間半ほど気功。最初は、体が気を受け付けず、とても冷たく、無反応だったが、30分ほどすると、まず肝臓が反応し、動き始め、ゆるゆると肺も温かくなると、次第に呼吸が落ち着いてきた。2時間ほど気功し、全身に気がスムーズに流れ始めると、ようやく初めて少し体勢を変えられて、「ありがとう。楽になりました。」と話され一安心した。

その後、バスから降り自分の足でしっかり歩き帰宅。一緒に帰った方がびっくりしていた。

気功ですぐに血圧が下がった
関東養成 三石さん 女性

高血圧症の母 66 歳

時間:20分~45分。

期間:平成15年1月3日、4日、3月14日、15日、16日、26日、4月14日。

一昨年の春頃から頭痛や肩こりに伴ない、血圧が高くなり、循環器系の精密検査を受けるが異常はなかったが、何かあると血圧が上昇する傾向が続き、その度に依頼を受けて気功を行なう。

1月と2月は高血圧に対する漢方薬を医師から処方され、飲んでいた為、気功はしないでくれとのことで、行なわなかった。漢方薬を飲んでも症状が改善されず3月より再び気功を行なう。 行なうとすぐに血圧が下がり、肩こり頭痛もなくなり体も軽くなるとのこと。

また、夜遠隔をした日は、とにかく、ぐっすり眠ることができるとのことだった。高血圧に対する食事療法、運動療法、漢方など良いといわれるものは全て行なっているが、どれも効果が得られないが「気功が一番効く」とまで言ってもらえるようになった。

動かない程の肩の痛みが消えた
関東養成 三石さん 女性

右肩関節周囲炎の母 66 歳

時間:15分から20分/日 直接行なう。

期間:平成16年11月30日~12月6日。

   

就寝中に痛みで目覚める程である。水泳をやっており、12月7日の水泳大会出場までに痛みをなんとかしてほしいと、全速力で泳げるようにして欲しいと、気功の依頼を受ける。 整形外科を受診し、レントゲン検査にて肩関節の骨が一部石灰化して尖り、痛みを起こしていると診断され、加齢によるもので治らないが痛みの軽減ということで、電気を当てる治療を数日受けたが、あまり効果がなかったとのこと。

はじめに行なった時は、冷たさを感じ、固まっているようであった。1日で痛みは軽くなる。 2日目からは冷たさは感じないが、じりじりと炎症があるような感じ。試合日にはほぼ痛みがなくなり、思いっきり泳ぐことができ、メダルが取れた、といわれ喜んだ。

遠隔気功で具合が一気に良くなった
関東養成 三石さん 女性

インフルエンザB型の女性 35歳

時間:20分/日 遠隔で行なう

期間:平成17年3月9日・11日。

症状:嘔吐 下痢 38度4分の熱

たまたま連絡したところ体調を崩しているとのことで、話を聞いた時点で既に薬を服用したとのことだった。 その日の夜に遠隔すると、全身が重く特に腸の辺りに気が足りない感じで、ぐーっと入っていく感じ。 2日後に再び遠隔すると全身の重さはなくなり、ふわっと軽い感じがあった。友人から「もしかして遠隔してくれた?」と連絡があり、ちょうど遠隔している時間にお腹がじんわりと温かくなり、不思議だったと言われる。その頃から下痢が治り始め、体が一気に楽になったと言われる。

「体の痛みが跡形もなく消えた」
三重県 阿部さん 女性

痛みの取れない女性 99歳

ご近所の方から気功を頼まれ伺うと、お婆さんが背中を丸めてうずくまった格好で座り込んで見えた。背中から肩、手まで痛み、眩暈がして全身フラフラ、「起きても寝ても痛くてどうにもならない」と、か細い声で訴えられた。

お医者さんの薬も注射も一時効くだけで、すぐに痛んでくると半泣きの状態だった。横になってもらい、全身に気功をした。

三十分ほど経った時、お婆さんがパッと目を開け、身体を起こしながら「全身の痛みも取れ、頭もすっきりした」とニコニコ顔で言われた。

その後ずっと快調が続いているとの報告がありました。

「急激な症状が消え救急車不要」
山梨県 豊岡さん 女性

腹痛下痢・嘔吐の女性 46歳

急な嘔吐と下痢、腹痛が始まり、全く治らず救急車を呼ぼうとしていた友人に、たまたま私が電話し、その後30分の遠隔を行ないました。

後で、「救急車を呼ぼうと思ったほど辛かったけど治ってしまった」と話していました。(山梨・主婦)

「短期間で骨折復活・試合復帰」
京都府 石田さん 女性

右手首骨折の娘 13歳

バスケ試合中転び骨折する。ギプスで固定を5~6週間、リハビリに2ヶ月と診断される。全治100日との事。けれど、次の公式戦が42日後にある。この試合に出場することを目標に、治療を始める。

1週目。きつい痛みに対し気功。

 

2週目。痛みが取れたので、レントゲンで見た骨折部分の骨が再生し、くっついていくように行なう。

3~4週目。治療が必要な気がしなくなり、ギプスが取れた。

残9日。なえた筋肉を復活する為のストレッチを娘自身が行ないながら、私はマッサージをしながら硬くなった筋を柔軟にしていくように気功していく。

試合当日。医者の予測期間の半分以下で試合に復帰。試合出場後も痛みはなく良好です。

「長年の大量の不正出血が止まり元気に仕事ができた」
大阪府 小竹さん 女性

不正出血の友人 48歳

平成17年の検査で子宮筋腫が5センチ、平成19年の検査で子宮筋腫の大きさはほとんど変化ないが、線筋症も併発。

最近は生理の度に、いつまでも出血がダラダラ続き、水道の栓をひねった位に出ることもある。

腹痛も激しく、毎回貧血でフラフラになる。今回も5月30日に出血が始まり、腹痛も鎮痛剤が何度か要る程で、出血量がだんだん増加。その日から5日間の遠隔気功を行なう。

始めは、お腹の奥に頑なな塊を感じたが、3日目から少し頑なさがほぐれる手応えを感じた。普段なら出血量は増加の一方で貧血になるが、今回は遠隔開始2日目より出血量が減る。また、遠隔開始より6日目の6月3日に会い行った。

子宮の外見の腫れは無く、腰の周辺の気の不足、脚の気の流れを上向きと下向きを比べると下向きの方が強く感じられた。その状態に対して直接気功をする。

それ以降、出血は止まり、腹痛も貧血も現在のところ無く、特に治療をしていないが、仕事をバリバリ出来ているとのこと。

「静脈瘤で変色した皮膚が治った」

静脈瘤で皮膚変色の母 79歳

静脈瘤は4人の子供を出産してから生じ、ここ20年ほどで悪化。皮膚の色は黒ずんでいる。

今年に入り、重たい物を運んだ直後に血管痛が生じ、胸苦しさと共に、皮膚の色が部分的にだが、青紫になった。脚の付け根(鼠径部)に硬さ、下から上への気の流れが極端に悪いと感じる。

気の流れがスムーズになるようにと直接気功し、しばらくして軽くなったと感じた。母は、胸苦しさも無くなり眠り始めた。

次の朝、青紫に変色した部分が全くなくなっており、立ち上がっても変わりはなかった。

「消えた義妹の子宮けい癌『4期が0期に!!』」
茨城県 菊池さん 女性

子宮けい癌の義妹 47歳

昨年12月、子宮がん検診の結果、再検査を受けるよう通知があり、婦人科に行った所、子宮けい癌・期なので、うちでは3期まではみるが4期は手におえないので、日赤を紹介すると言われた。「気功をして!」と涙ながらに言われた。

昨年12月、子宮がん検診の結果、再検査を受けるよう通知があり、婦人科に行った所、子宮けい癌・期なので、うちでは3期まではみるが4期は手におえないので、日赤を紹介すると言われた。「気功をして!」と涙ながらに言われた。

1月20日、全身をみると、全体にすごい手のしびれと重く冷たい感じがした。

遠隔を朝晩30分づつ。合間に気功治療をする。腹部の冷えを特に感じる。

2月7日検査で2月16日結果は「0期」で進行の心配なし。義妹がどんなに大事な存在か、家族にとっても、どんなに大事かと言うことを痛感しました。

「結石の痛みと血尿で苦しんだ母の症状が全くなくなった」

茨城県 大沼さん 女性


血尿と痛みの母 70歳


左肋骨下部から横腹にかけての断続的な痛み。時々痛みは消える。筋肉痛かと思い、湿布をしたが治らないとのこと。


病院に行くときに付き添い、待っている間に気功をしたが、そのときだけは良くなるが、しばらくするとまた痛くなっていた。白血球が少し増えていて、膀胱炎気味だ、との所見。母は、納得いかないまま帰宅。


それから2~3日後、また痛くなったので、気功をすると、腰の回りに気が滞り、うごめいている感じがした。気功すると、その場で痛みが引き、治った、といって帰っていったが、夜に電話がかかってきて、血尿が出たので、急いで病院に行ったら、結石だと言われた、と。


すぐにまた気を送った。15分ぐらい立った頃、ふっと切り替わった感じがした。


次の日電話をかけてみると、血尿は一回だけで、それ以降は痛みが無くなったとのこと。1週間ぐらい、時々様子を聞いたが、それ以降は症状が無い。

「薬の副作用で束になり抜け落ちていた髪の毛が抜けなくなった。」
北海道 佐山さん 女性

甲状腺ガンの女性 56歳

放射能投薬治療後、ホルモン剤の服用による副作用で、髪の毛が束になって抜けるという。

気の状態は、頭全体(身体全体のホルモン・自律神経の乱れから)の気が乱れており、頭皮の毛根部分が非常に緩くなっており、このままでは、まるっきり抜けてしまうと思われた。

頭から身体全体の気を整えホルモン・自律神経を整えるよう、気功を行ないました。

行きつ戻りつしながら、徐々に脱毛も治まり、本人も気にならなくなったとのこと。

「ネフローゼの投薬も減り症状が改善」
新潟県 井口さん 女性

ネフローゼの女性 58歳

気功内容:直接 腎臓を中心に1時間(週に2~3回)

遠隔:ほぼ毎日30分位

病名症状:ネフローゼ

体がむくみ、疲れやすく無気力。髪が抜けて地肌が透けて見える。いつも悩みグチる毎日。

他の治療有無と内容:有。通院し、ステロイドを一日4錠服用。

経緯・所見 体が冷えていて、しめっぽい気を感じる。

直接気を入れるとぐんぐん吸い込まれる。

「私なんか(性格も体調も)ダーメだて」が口グセ。気功した後、体がとても温まり、心が優しくなると喜んでくれるが「薬を止められる体になれる様、一緒に頑張ろう」と言うと「止められないと思う」と言われ、落ち込むことたびたび。

結果・感想 本人も病院の先生も、「とうてい薬を止めるのは難しい」と言っていたが、三カ月の内に、一日4錠飲んでいたステロイドが0.5錠になった。

医師も「薬を止めて様子を見ても良い」と言われるまでになった。

この方のご主人が驚く程、髪も増えてフサフサしてきて、本人も明るくカラッとして来た。(新潟・主婦)