アイズワイズ気功教室・「気」の世界

アイズワイズ気功教室・「気」の世界 気功教室は、名古屋・京都で開催

感動の言葉

気功師養成講座 感動の言葉 9

長野県 中村さん 女性 61歳 15年目 2級 気功師補佐

養成を受講させて頂いて得たものを思い出してみると、あまりにも多すぎると思えるくらいです。 気功が上達したい、人のために役立ちたい(気功で役に立てれば最高)、そして天の大きさ、天の優しさ、天の力に感動して、この素晴らしさを人にも伝えたい (分かち合いたい)と思っていることが私の大部分を占めています。

また、気功で自分の自然治癒力を引き出すことができることも一番ありがたいです。 口内炎・関節炎(手首・膝)・腰痛・胃痛・乳腺炎・膀胱炎・捻挫など病院に行かずに治りました。 また、離れて暮らしている孫の発熱や下痢、娘の風邪や腰痛なども遠隔気功で気功ができ助かっています。「さなぎと蝶とそのバリエーション」で疲れが早くとれたり、快眠できたり私にとってなくてはならないものです。

<喜んでもらった体験>
膝痛の方に気功した時、脚が軽くなり正座が出来ると喜んで座って見せてくれた。

腰痛・膝痛の方
いったん帰って行ったのに戻って来て、脚が軽くて普通に歩けると言いに来てくれた。

胃弱の方
胃がすっきりしてお茶の時にお饅頭が頂けたと話してくれた。

とげを刺し炎症
わずかな時間で完治し、不思議、不思議の連発。

胸が時々詰まる方
すっきりした、軽くなった、助かったと言われた。

落ち込んでいた方
2回目にお目にかかった時には別人のように明るくニコニコされていました。 立ち話のちょっとした時間でも、痛みを取ってあげられるので喜ばれます。 気功をさせて頂くと、ほとんどの方は眠ってしまい、目覚めた時には気持ちよ かった、体が軽くなったと喜んでいただけます。

広島県 阿部さん 女 50歳 教員 9年目 3級

たくさん教えて頂いている中で、特に、脱力の大切さは身にしみて感じています。緊張感が強い性格のせいもあり、人一倍身体が凝ってしまう毎日を送っていますが、夜寝る前に「さなぎと蝶」をすると身体が緩んでくるのがよくわかるようになりました。本当に疲れている時は、最初の動きで脱力した後すぐに寝入ってしまいますが、以前はすぐに寝入るにしても、力を入れたまま寝ていました。疲れの取れ方が大きく違うと感じています。

日常生活でも、身体のあちこちに余分な力をいれていることを時々感じるようになりました。息を吐きながらその箇所を脱力するようにすると、気持ちまで落ち着いてきます。緊張してしまう時に身体の力を抜いて気持ちを落ち着かせるということは、以前には発想さえしなかったことです。 養成講座の中心である気功を他の方にしてさし上げる機会はあまりないのですが、日常生活における基本的な心身の捉え方を教えて頂き、本当に色々な場面で助けてもらっています。

大阪府 山富さん 女性 34歳 9年目 3級 準気功師

「気功師養成講座」では、一般的にみなさんが思われる「気功」を習ったり、気功を用いて他の人を気功をすることだけでなく、「生き方」を教えて頂いているように思います。 例えば、何かを習得ために大切なこと、片付けの方法、目標の設定、食について、健康について、リラックスする方法、などなど。たくさんの内容を教えて頂いています。 それは日常の生活の中で、主婦として、仕事をする上で、人とコミュニケーションする上で、大いに役に立っていると言えます。 また、毎回の講座では必ず気功の時間があり、気功した相手の方からの感想を伺うことができます。これは自分自身のレベルをチェックする上でとても良い経験となっています。 講座では上級者の方と組んで気功を行うこともありますので、色々と教えて頂けることも多いです。

また、山口令子先生から直接ご指導頂けることもあり、それを持ち帰り、家での直接気功や遠隔気功に反映しています。 気功をすることで、家族や友人に喜んでもらえたことも多々あります。 父が病気になったときは、今まで講座で習ったこと、先生からアドバイス頂いたことの 全てを結集させて気功を行いました。 病気が回復した後も、「あのときは気功してくれた」と思い出して、「よくやってくれた」と言ってくれます。 西洋医学に頼りっぱなしだと、何もすることができず心配ばかりしていたかと 思います。気功ができることは本当に幸せだと感じました。 これからも気功経験を増やし、毎月の講座も楽しみに、多くのことを学んで、精進して参りたいと思います。

埼玉県 伊勢嶋さん 女性 35歳 10年目

「気功師養成講座」は、毎年新しいテーマで行われているので、毎年のテーマとなっている課題を身につけよう、という姿勢や、自分自身を絶え間なく向上させていこうとする姿勢が、長年受講することで 培われたと思います。 一番自分自身にとって大きな影響を与えたのは、自分の生活空間をきれいにし、片付けを行うというテーマでした。その時以来、自然とよい気を出し続けることができる条件を身に着けるように、こころがけるようになりました。 祖母が生まれつき足が悪いので、帰郷するたびに 全身と足の按摩を行います。按摩をするととても楽になり夜もよく眠れ、翌朝の体の働きぶりも格段によいと、とても喜んでもらえます。

愛知県 松田さん 女性 47歳 10年目

自分の視野の狭さに気づきました。すべてを頭で考えて天の気、天の気と念仏のように唱えているだけでした。なんか根本から違っているような何やっているのか分からなくなりましたが、仲間や家族に支えられていることに気づき感謝が足りなかったと思いました。 でも、不安だらけだったのが少し希望が持てるようになりました。

埼玉県 阿久井さん 女性 45才 13年目 2級

自分の発している気に気づくことや、気を切り替えることができるようになりました。日常の中で思うように事が進まなかったりハプニングが起こると、マイナス思考、不安、焦りの感情がでる、そこで止まることなくプラスに考えどうしたら良いかと気を切り替えようとすることで、日々を楽に過ごすことができます。 子供を叱ったり怒ったりする時も感情に流されず気の切り替えをすることで、私の不機嫌が続かないので、表情がぱっと明るくなるので喜ばれていると思います。

また、気功ができることが有難いです。 病気をしている知人に遠隔ができることはもちろんですが、ちょっと調子を崩しているとか、気になった時に気を向け送ることができるのは、とてもありがたいことです。 姉が、「今妹にやってもらってるの、効くのよ」と友人からの電話に言っていたことがありよろこんでもらえうれしく感じています。

東京都 小野 女性 47才

「気功師養成講座」では、「さなぎと蝶」などを教えていただき、リラックスすることが、いかに大事かを知る事ができました。また、自分と家族の健康も得られました。 長年「養成講座」を受けているのに、「気」について何もわかっていない、ということが最近わかってきた次第です。 父(80才)に気功をした時のこと。父は気を感じることができるタイプです。してあげると、いつも、「良くなったよ、ありがとう。」と心から喜んでくれます。

神奈川県 宇田川さん 女性 40歳 9年目

8年間受講させて頂き、養成講座で得たものはたくさんあるのですが、得たものの中で一番大きいと思うのは、気功させていただくことの悦びと、そして天の気を知ったことで得た安心感だと思います。気功を相手の方にさせて頂いている時、いつも悦びを感じます。 この悦びは、必ずしも気功の相手に感謝されたからうれしいというのではなく、只、気功をさせていただくことに湧き出るものです。なんと説明してよいかわからないのですが、この悦びは自分の存在そのものの悦びではないかと思えてきました。

あた。この養成講座で学んだ気功を、身体の具合の悪い多くの友人や知人にさせていただきました。気功を受けてくださった方は、気功で病気がなおることに驚きます。具合が悪くても、気功を受けることによって、病気が治り、多くの友人が笑顔で「具合よくなった、ありがとう」と声をかけてもらえるのはとてもうれしいことです。また、養成講座での実修で、自分自身の体調も良くなりました。 今年は仕事その他で忙しく、家での実修をおろそかにしていました。すると体調も悪くなっていきました。いかに実修の効果がすごいものなのかよく分かります。また令子先生がお教えくださることは、気功だけでなく、人生を生きる上でも大変通じるもので、その深い内容にいつも感動しています。

過去に腎臓病を患ったことのある叔母に時々気功をします。「あなたに気功をしてもらうと、次の日の朝、お小水がたくさん出て、身体の調子がすごく良くなる」といつも連絡をもらいます。 そのように言ってもらえると、ああ、自分自身も受け入れられているのだととてもうれしく思います。

東京都 大竹さん 女性 38才 主婦 2年目

「養成講座」で、気を感じ、意識すること、呼吸の大切さを学びました。 また、なんとなく過ごしていた日々は、有限な時間であり、それをどう使うか、何をすることができるかを考えて、集中することが大切であることに気づきました。 気功はただ、相手を治すということだけではないことを知り、自分はまだまだ、沢山学ぶことがあり、限られた概念だけで生きていることを痛感しています。 もっともっと学びたいです。

また、気の世界を知ったことで、家族、健康、人間関係、生きること、世界とのつながり、など考えるようになり、学ぶ意欲が出てきました。 今まで、ぼーっと過ごしていた時間もたくさんありましたが、今では呼吸をしたり、意識を変える練習をするようになりました。   受講して2年目ですが、私なりに気功ができるようになったのは、とてもうれしいおとです。 特に、疲れて動くのが嫌になっていた母に気功をすると、身体が軽く動けるようになり、喜んでいました。寝る時に気功をすると、「すぐ眠ることができた。」と言って いました。よかったです。

広島県 平野さん 女性 55歳 自営業 10年目 4級

「養成講座」に参加しているうにち、医者が不可能と言う病気が治る事がわかっただけでなく、気功する上で大事なことは、自分の心をいかに純にし、心の有り様が大事で、いかに高度な天の気を頂くかという事がわかりました。

ですから、いつも心を見つめ、いろいろある日常に、時間はかかるが切り替えが出来るようなり、少しづつ、自分の人生を受け入れられる様になっています。いうまでもなく、自分の健康にも役にたっています。 どこか悪い人がいると、自分が役に立つ事はないかと考えるようにもなりました。

今までの気功の体験の中で、特に喜んでいただけたのは、
・87歳の高齢の方が、生命維持の35kの体重が切れ危なかったので、気功をしたところ、歌の発表会にも出る迄回復された事。
・肺に影があり、ガンの疑いがある男性が気功して、影の形が変わりガンの疑いがなくなり手術もしなくてよくなった事。
・大腸にポーリプがあったのが気功して、なくなった事。
とてもうれしかったです。

神奈川県 河村さん 女性 42歳 会社員 7年目 3級 準気功師

養成講座では、(果てしない宇宙の中で)自分がここにいる…という存在感を得ることができました。 また、気功を通して、人やあらゆるものの中で自分がどう関わっているのか、どう関わっていくのか…ということが少しずつわかってきたように思います。 気功がうまくなりたい…と最初はそればかり思っていましたが教えていただけるのは、まさに生き方そのものに通じることなので、得られるものは数知れません。

私は、親しい人たちが苦しんでいる状況をただ可哀想だと見ているのではなく、自分でもできること、役に立てることがある…というのは本当にありがたいと思います。 病気になるのも苦しい状態も、原因や意味があってそうなっていることなので、気功を通じて相手とそれを話しあうことができる機会も増えました。 今までの生活や考えを変えるきっかけになったり、色々な意味で人生観が変わります。 また、ご指導いただいたことは気功をする場合だけではなく、日常起きる様々な難題にぶつかった時にも役に立つことが多いと思います。

気功を行うとすぐに目に見えて症状が治まることもあるので、痛みや苦しさから解放されたと感謝の言葉をいただくことも多いです。 病気で苦しんでいる人はとても多く、その人の周りにいる人も同じように悩み辛い想いでいます。 深刻な病気の場合は出口が見つからず八方ふさがりになっている場合も多いですが、気功はその暗闇に光をさしてくれます。 病院での治療ではなかなか良くならなかった病気が、気功によって回復に向かうのはご本人にとっても私自身にとっても大きな喜びです。

徳島県 近藤さん 男 塾講師 受講11年目 2段 気功師

「気功師養成講座」では、気功習得の他にも、精神面の強化、また自然に対する考え方、気の流れに対する接し方など生きていくうえでの必要な様々なことを得ました。普段の生活や、他人とのコミュニケーションまた、病気の治療などで役立っています。 日常的に、気功などで、病気が楽になったり完治すると非常に喜んでいただいています。これからも大きな目標に向かって歩んでいきたいと思います。

岡山県 真田さん 女性 42歳 会社員 受講12年目 3級

最初は、自分自身の健康のために、養成講座に参加させて頂きましたが、次第に、”気”の奥深さに、心が動かされました。 そして、様々なアプロ-チで、私達一人一人が、自分で作ってしまっている限界を打破できるように、ご指導して下さり、人生というものが、より深く、意味あるものになっています。 また、大いなる天のもとで、生かされているという事を、肝に銘じ、いかに生きて行くかという事を、常に考えさせられてもいます。

また、心配事があり、精神的に不安定になり、周りが見えなくなりがちな時も、気を落ち着かせ、冷静に物事を判断しようとする姿勢が、以前よりも出来るようになりました。また、感謝の気持ちも、以前に比べ、様々な事や人に対して、持つことが出来るようになりました。 特に、様々なアプロ-チをして下さいますので、自分では気付かないことに気付かせて頂いたりして、新たなものの見方や考え方が出来るようになり、以前よりも、自分の幅が広がったと思います。

気功をさせて頂くと、「本当に気持ち良かった」とか「いつもより、よく 眠れた」とか、聞いているこちらも、嬉しくなるような事を言って頂きます。

埼玉県 玉木さん 女性 受講14年目 1級

養成講座で、生きる力を頂きました。 気功を教えて頂きながら、私達は大自然に包まれ生かされていること。少しでも、僅かでも正しい方向へ進めるようにと指導して頂いている事は、何よりも有難く感謝申し上げます。

また、自他を問わず、病んでいる人に何時でも何処にいても、何らかの手当て、気功ができることも、ありがたいです。

東京都 長池さん 女性 36歳 会社員 受講4年目

気功の世界を知ったことで、いつも大いなる恵みの気を与えていただいているという安心感を得ました。さらに、「必要な時に気功出来るという自信」「集中力」「さなぎと蝶」による体調管理・・・と色々記載しましたが、「生き抜く」為の方法を養成講座、開運講座等を通して教えていただき、遅々としていますが進歩している自分を得られているととても感謝しています。

また、気功は、身近な人の不調を気功で緩和でき、故人を偲んで光を送ることができ、自分の健康管理ができるという点で、とても役にたっています。
★今年で4回目となり、参加させていただけること、続けさせていただけることに周りに改めて感謝しております。

東京都 齊藤さん 女性 58歳 受講7年目 3級 気功師補佐

「気功師養成講座」を始めた頃は体調が悪かったが、陰陽のリズムを取り戻し健康面での安定が得られました。

また、気功を学ぶ中で、相手を気功することは相手を受け入れること、相手を通して自分を見つめざるを得ないことが判り、自分の傾向や価値観、自分を縛っている感情性に気づいた。たくさんの具体的指導をいただき、基礎練習と共に自分を解放していく訓練を課すようになりました。 くりかえし積み上げることで習慣化されると、スーと対象に向かえるようになってきた。また、無心に媒体となってやれている時、相手の心が伝わってくることがあり、それを手がかりに心にも天の気を送ることが出来、こんな私でも他者の幸せに貢献できることが本当にありがたいと思います。

さらに、天の気が常に私たちに降り注ぎ、全てが大きなエネルギーの中でつながっているということが次第に実感できるようになりました。全てがつながっていて、どんなに離れていても、次元が異なっていても天の気、光が届くということは私にとって大きな救いと感動で、苦しい時、辛い時このことに立ち返ると希望や勇気が湧いて来ます。

私にとって役にたっていることは、
・死んでいった肉親、遠く離れている老親などにも天の気を送り幸せを願うことが出来ること。
・家族や友人、身近な人の病気の気功ができること。
・高齢者に関わる相談業務が仕事だなので、相談者が安心して話が出来るよう天の気を送りつつ、話しの波にスムーズに乗れるよう心がけている。信頼感を持っていただけると次のステップに進みやすくなる。また、虐待や困難なケースの場合、相手の気を読み取ることで瞬時の判断や言葉を選んで話すなど大変役立っている。
・専門職のための授業を月2回持っている。始める前に必ず皆さんの役に立つよう祈り、天の気を浴び、授業が将来の仕事の意欲や醍醐味につながっていくよう意念しながら行っている。養成で学んだことや実感したことが、分野は違うが共通したものがあって、伝えたことに手ごたえを感じると養成の内容の高さと間口の広さを感じ大変有難い
・仕事の仲間、友人、家族など何かの変化を感じると声をかけ、時に軌道修正したり流れを変えたりの手助けができる。

今まで喜んでもらえた経験もたくさんあります。
・脊柱間狭窄症、膝関節症などのお年寄りにしてあげて、病院の温熱療法より暖かくてよい気持ちになったと喜んでいただくことがある。高齢の方にしみじみ言われると本当に嬉しいが、完治は難しい。
・うつ病で否定的だった人が元気を取り戻し、以前の生活ができるようになった。あなたのおかげといわれたが、直そうという流れに上手に乗れたと思います。
・友人のお子さんの急病、友人の耳の病気など。気功について前向きに聞いてくれた。
・家族、友人、知人などの気管支炎や喘息 この夏風邪を引いて咳で苦しむ人が多かったので、短期間で回復できたことで感謝されました。

東京都 渡部さん 女性 43歳 自営業 受講5年目

養成講座に通うことによって第一に得ていることは安心です。 家族や自分自身が病気やけがをした時にただお医者さんに頼るだけではなく、気功で治すことや、治る手助けをできるということは大きな安心となっています。 備えあれば憂いなし!といった感じです。 それから令子先生からかけていただく一言やアドバイスがその時々の人生の指針や安心となっています。 気の観点から世の中の動向などもお話くださるので社会勉強にもなっております。 毎月の養成に通うのがやっとで達成表も遅々として進みの遅い私でもいつの間にか気功の力がつくようご指導いただいている事は有難い事ですし、令子先生のご指導は本当にすごいなあと思います。

徳島県 近藤さん 女性 54歳 学習塾経営 受講15年目 三段 気功師

「気功師養成講座」で、 人生が変わりました。 もちろん得られたことは、はかりしれません。受講する以前は、ただ漠然と、何か人のお役にたてるようになりたい、と思っているだけでした。 養成講座で、システマチックにわかりやすく気を学び、気功を学んでいくうちに、自分にも癒すことができるという可能性が広がっていきました。 その奥深さ 多元性に触れさせていただき、得がたい師にめぐり合え、大切な仲間たちに支えられ、また、気功をさせていただくことで、真の真剣さ、本気さを知り、それまでとは異なる方々とのご縁にも恵まれるうちに、全てのつながりの中で 自分の進むべき方向性が明瞭になってきました。 今世で生を受けた意味はここにある、気功を通じ、この深遠な大いなる気の世界に生きる喜び、天の気の感動と醍醐味を広く伝えるとこをしていきたい、全てに感謝し、この道を歩んでいきたい、という強い意識を得ることができました。

また、気功は病気を治すことだけではありません。気を学ぶことで自分の壁を何度も知り、価値観の多様性を認識でき、天の気に、光に導かれ、全て受け入れ、大きな変化の中で バランスをとりながら流れにそって進んでいけます。 気功においても、先入観を捨て、素直に天の気に感謝し、心を向けていくと、 相手の方のいろんな次元角度からの声とコミュニケートすることができます。 自然治癒力が動くきっかけの声のようなときもあります。 また、同時に自分の発するエネルギーの強さ、影響を自覚、認識を繰り返す必然性を感じています。 謙虚に現地点を受け入れ、天の気にゆだねているといつも思いもかけぬことに気づかされます。

一部ですが、気功をさせていただいて、病気が治ったり症状がよくなり喜んでいただいた例です。

癌、脳梗塞、脳溢血、心臓病、大動脈剥離、バセドー氏病、橋本病、難聴、鬱病、 子宮筋腫、ネフローゼ、腎臓病、糖尿病、 痔、食中毒、脱臼、止まらない鼻血、 逆子での早産回避、交通事故むち打ち、全身打撲、五十肩、内出血が消える、痛風、帯状疱疹、大やけど、ヘルニア、ぎっくり腰、歩けないひざの痛み、その他

直接、遠隔気功をとわず、また、気功を信じている信じていないに関わらず、実際どんな病気も自分の自然治癒力が働くことで戻りたい状態へと戻るし、常に身体は健気に戻ろうとしていて、それをサポートさせていただけることがありがたいです。また、病気になったら病院で治してもらう選択肢しかもっていない方が、ご自分の自然治癒力の偉大さに気づかれたときの喜びは本当に感動します。

◎気功以外で、喜んでいただいた(一部)。
・拒食症で不登校の高校生、主に会話で受け入れていくことで心を開いてくれて、 勉強をするようになり、みごとに第一志望以上の大学に合格することができた。

・癌の手術後、放射線治療が決定していた女性、治療の当日の朝、理由は定かでないが急に医師の気が変わって治療取りやめになる。その後、5年になるが非常に元気で活躍されている。

いずれも病気の気功ではありませんが、天の気の流れの中でバランスがとれ始めて変化していったように思われます。

このダイナミックな大いなる気の世界に只管感謝あるのみです。これからも精進あるのみです。

ありがとうございました。

京都府 栢分さん 男性 56歳 会社員 受講6年目 2級 準気功師

養成講座に通い続けて、気を体感することができたのは、大きなことです。もし養成講座に参加していなければこのようなことはなかったと思います。まだ気功を正しく理解している人は少数派だと思うので、正しく伝えることは養成講座に参加している者の義務だと思っています。 一般に病気は症状が出て初めてわかるが、気は症状が出る前から変化しており、気の変化をすばやく読み取ることが肝要だということがわかったのも、大変役にたっています。 気功は外見上自分がしていることですが、実際のところ自分は天の気を相手に受けやすくするための媒体に過ぎないこともわかりました。すなわち自分がどのような状態であろうと(たとえ病気でも)天の気を相手に伝えることはできる、ということです。また、気功をすると自分も天の気を受けることができることがわかりました。 講座における令子先生のお話は、あるときは人間学、経営学であり、内容の斬新さに、毎回どきどきして聞いています。信頼できる仲間も得られたのも、得がたいことです。

ところで、父母をはじめ気功を通して、病気の人の気功に役に立っていると思えるのは、ありがたいことです。重病の人、年配の人について気功が終了したといえないのもありますが、生きる気力を抱いてもらった。 口コミで気功の依頼が来るようになり、少しでも人の健康管理の役にたっていると思われる。個人的にも、気功は私の人生の重要な部分を占めようかというほどのものになってきています。

大阪府 井上さん 女性 59才 主婦 受講14年目 1級 準気功師

養成講座で得たものは、祈りの心、感謝の心、共に学びあう仲間、天の気に包まれて生きる歓び、いざというとき気功が出来る安心感、気の知識及び自分なりの対処法、 等等まだ自分では気づいていないことも、多々あると思います。

先日家族が緊急入院した時、今まで養成講座でお教え頂いたことすべて役立ったと思いました。 祈り、気功することはもちろんのこと、極めて重態であったことから心の持ち方、看病する上での環境を整える《看病の態勢、病室の整頓、空気の入れ替え、病人の口の中や身体をきれいにし、話を聞いて記憶の整理をする》など、様々なところで実感致しました。病状がよくなってきた頃の朝、私が病室に入っていくと「来ると落ち着くなぁ」と言ってくれました。

生きてるだけで気功ってことかなと感謝しています。有難うございました。

神奈川県 湯田さん 男性 68歳

初冬の候、毎日厳しい寒さが続きます。

本年もさまざまご教示いただきましてまことにありがとうございます。

お蔭様にて牛歩の如くではございますが、多少なりとも前進できていると思います。

どうしたら私たち養成講座の受講生がより理解を深め前進できるか、ありとあらゆる方法でご指導いただいていること、心より御礼申し上げます。

私事で恐縮に存じますが、去る11月25日は母が94歳にて永眠致しました。お蔭様で最後は眠るように息を引き取りました。主治医がモニター画面を見ながら「ああ、自然死だなぁー」といった言葉が印象に残りました。

以前の先生の気功のお話の中で、「私たちが気功というものを習っていなかったら、全て医師まかせで何等手を打てなくて、傍観するしかありません」という意味のことが述べられていましたが、今回の母の臨終にあたって、その思いを強く感じました。 危篤という知らせを聞き、間に合わないかもしれないという電話を聞いても、意識を母の元に飛ばすと大丈夫であるという自信を持てました。 病床で一晩中気功をしておりますと、腎の働きが悪いので腎に暫く気を送っていますと、脈が感じられますが、十数秒もするとスーッと消えていってしまいます。そのようなことを2,3度繰り返しておりましたが結果は同じでした。 母は旅立ちの準備をしているのだと思い、光の輪にスッポリと包まれているという気功に変えました。眠っている母はとても万獄窓で平安に満ちていました。「光の世界」も読誦致しました。

最後の息を引き取ったとき、兄が思わず「感動した」といいました。「ご苦労様、お疲れ様でした」と私も声をかけました。 十余年気功を行いました。お蔭様で母は長生きすることができました。先生からご教示いただいた気功はほぼ行うことが出来たと思います。 気功を習っていたからこそ看取ること、理想的なセラピストたりえたと思います。 9年前、私の命を助けてくださいました。お蔭様で逆縁になることもなく、野辺の送りも無事に済ますことができました。このご縁をいただいたことは、何度お礼を申しましても足りません。

そして素晴らしい指導者にめぐり合えたことにも、ご縁の不思議さ有難さをしみじみと感じております。誠に有難うございました。