アイズワイズ気功教室・「気」の世界

アイズワイズ気功教室・「気」の世界 気功教室は、名古屋・京都で開催

感動の言葉

気功師養成講座 感動の言葉 7

茨城県 大沼由美子 女性 48歳 自営業 15年目 3級

「気功師養成講座」で、私は大きな愛を得ました。養成ではいつも新しい事を学びます。それによって、いつも先に進む事を考える様になりました。進化し ながら、そこにはいつも大きな愛があります。 また、それを伝えるための方法を学んだ事によって少しずつですが気功を通して世の役に立てるようになっていると思います。 相手の方がよい方に向かう事のサポートをすることで、その人自身の力で病気が 治ったり、気の方向性が変わり物事がよい方向に変わったりということがあります。

喜んでもらえた体験は、母に気功をしたとき、重かった体が軽くなり、とても体が楽になったこと。手術をしたがなかなかガスが出なくて苦しんでいた叔母に気功した時にすぐにガスが出て、とても楽になったこと。 主人の腰痛・頭痛・膝痛がすぐに治った事。 気が動転した人に気を送った時に、気の流れが 変わり、体が暖まって落ち着いたこと。 不眠で苦しんでいた人に気功をした時に、すぐに体が緩んで眠くなり、そのまま少し眠って起きた時にとてもすっきりとしていてよかったと喜ばれました。 しもやけでかゆみがひどい従妹に気功した時、循環がよくなり、かゆみが取れ、腫れもひきました。 疲れているというので気の具合を見た時、胸が張り裂けそうな気が伝わって来て、少し話を聞いてみるととても苦しい状況にある事が分かり、気功すると気分がよくなってとてもホッとした様子で、気が楽になったと喜ばれました。

千葉県 関川さん 女性 64歳 6年目

「気功師養成講座」で得たことは、眼に見えないものにエネルギーがあるという事を知った事です。 しかもそれは見えるもの以上に、影響を私たちは与えたり、受けたりしているという事です。 それまでは、何となく感じる事もあったけど、殆ど考えてもみなかったに等しい。 「養成講座」によって、生き方に奥行きが出てきたと思います。目先の欲望と感情のままに人生を送る事を抑制するようになりました。そうする事で心のゆとりと安心感がうまれ、自分を見失う事が少なくなり、人の話を上の空で聞かなくなりました。

どんなにささいな事でも意味があると思うようになり、仕事上(美容師)のお客様との会話も楽しいものになっている。健康にも自信がつきました。 お客様に「あなたと話していたら、元気になって、なにかやらなきゃと言う気持ちになる」と、喜んでもらえました。

新潟県 奈良澤さん 女性 50歳 10年目

 

「養成講座」で得たことは、気の素晴らしさを知り、生かされている事に感謝する事ができ、生まれてきた事の意味、生きる事の意味、病気や障害が起きる事の意味が解ったこと。これは私の若い頃からの課題でした。それを教えて頂いた事が最高に嬉しいです。

「養成講座」で教えて頂いた事で、人生を安心して生きていけます。家庭や、仕事の人間関係で悩む事が多いですが、大事にならずに、すんでいます。 家族の健康も「いざとなれば気功がある!!」と思い、無駄な保険に入らなくていいので、人生、大分得していると思います。 気功した方から、「医者からは長らく病気だから仕事辞めて休んだほうが良い、と言われたが、気功により症状が軽くなり無事定年まで勤める事ができた」と感謝されました。

東京都 青柳さん 男性 52歳 9年目 3級

「気功師養成講座」を受け、天の気がいつも自分に入ってきているという気感を得ました。 遠隔気功している方に直接気功した時、腰と首がとても楽になりましたと喜んでもらえました。

兵庫県 山本さん 女性 61歳 6年目 気功師補佐

受講する以前は、病気を治すことはとても難しい事と考えていましたが、病気になるにはプロセスがある事、そして病気は治ると思えるようになった事は私にとって大きな財産です。 病気にならないようにもできると言う事がわかり、心の持ち方、生活に気をつけるようになりました。

急に具合の悪くなった人を薬がなくてもなんとか私の体一つで少しでもお役に立てる事が出来喜んでもらえたこともあります。 何より自分自身が少しでも成長出来るようになっている事が、「気功師養成講座」で学べている事が一番大きい事のように思います。

新潟県 波多野さん 女性 39歳 2年目

最近は誰より主人に喜んでもらっているように感じています。主人は気功や教室での事を一切私に聞きません。もちろん話題にすることもありません。ですが、疲れて帰ってくると、自分から「あれやって」と何の違和感もなく気功をやって欲しいと言います。

以前はマッサージをメインにして、そのこちらがお願いして、こちらが気功させてもらっている感じでした。ところがいつのまにかマッサージより気功をして欲しいというようになったのです。 全ては養成で頂いてきた知恵や技術です。「自分にも大切な人にしてあげられる事があるんだ」と気付き良かったなー、有り難いなー!と思いました。 養成に通っている自分と通っていなかった自分とは全然違うと思います。レベルが低いなりに自分にも気功が出来るという事です。 令子先生がおっしゃるように、時間をかければ必ず力になっていくのだという事を頭ではなく、身体で感じ始めています。

また、養成に行くたびにその時自分がぶつかっている問題を解くヒントをいただける事がとても大きいです。 気功を実践する事を通して頭で理解する事以上のものを得させて頂いているとおもいます。

また等身大の自分に向き合えるようになってきた事や、自分がなにかに行き詰った時に、教えて頂いた事できり抜けるコツが解り始めた事、気について普段でも少しは考えるようになった事など、教えて頂いた事で役に立つ事が多々あります。 「やらねばならない」苦痛や義務感から「なんだか楽しい、やってみたい」というワクワク感に自然とシフトチェンジしてきました。その変化自体が、養成講座に通う事で得られたとても大きな収穫だと思います。

奈良県 中村さん 女性 60才 5年目

 

天の気の中で生きている私達は、いつも守られ正しく導かれているので安心して前進したら良いと再確認致しました。

自分の健康維持に役立っています。呼吸法で肺と心臓が良くなっていることが分かりました。 気功は、家族の気功をしています。家族に喜んで貰うより自分がやれたことに満足です。

香川県 本釜さん 女性 55才 14年目

気功を学んで、偉大なもの、絶対的なもの(天)があることが分かり、いつも守ってくれているという安心感と畏敬の念が生まれた。更に、信頼できる友人がたくさん出来ました。

受講する前は、人間には自然治癒力があり病気が治ると思っていたが、確信はありませんでした。しかし受講を続けるうちに確信が持て、現実のものとして自分や家族、周りの人の健康管理や生き方に役に立っている。

たとえば、友人が予定日を過ぎても子供が生まれないので、気功をすると、翌日に生まれたというメールが来た。「効いた」とすごく喜んで貰えたこと、即、結果が出たのが嬉しかった。

愛知県 宮原さん 女性 64才 16年目

もともと素朴な信仰心を持ってはいましたが、気功を身につけていく過程で見えない世界の偉大な力を確信するようになりました。神社仏閣に対しても意識が変わり、音楽や絵画など魂を揺さぶる芸術に対して鑑賞方法が180度変容。他方、些細な日常生活にも生の営みや喜びに満たされ、気と共に生きることを実感しております。

家族や友人、知人が重い病気に直面してパニックになっている時、気功の選択肢や心構えをアドバイス、相談にのったりしています。気功をさせて頂いた時は、病と闘う本人ばかりでなく、家族に精神的な安堵感がもたらされ、支える人々に勇気を与えているようです。

ある研修会2泊3日の夜、4人部屋の出来事
疲れすぎている自分のために寝る前と休憩時間に布団の上で「さなぎと蝶とそのバリエーション」をひたすらやって身体を休めておりました。周りの人はストレッチをしていると思っていたようです。私が無心に気功を始めると「一瞬で部屋の空気が渦を巻いているように感じ、心の奥深いところが温まり、同時に身体も緩んで気持ちよく深い眠りにつけた」と同室の人から、後で思いがけない言葉を頂き大変驚きました。つくづく「気には境界が無い」を実感しました。

静岡県 山梨さん 男性 43才 8年目 気功師補佐

「気功師養成講座」に通い、世の中の役に立ちたいという気持ちが生まれました。 学んだことは、何かについて迷った時、自分の体調と相談しつつ、前向きな方向に歩を進められるようになったことです。

神奈川県 安田さん 女性 56才 一年目

病気ではないが、疲れやすい、体力が無い等の解決、病院に行き薬を貰っても良くならない娘の健康づくりに対する答えを養成で頂きました。他力(病院、薬)ではなく自力で健康をと思っていてもどうしていいか分からなかった、その答えを養成で頂きました。自分自身で毎日出来る、そして良くなっていく喜びがあります。 初めて手に気を感じたときの感動、56才の私の中にもまだまだ分からない未知の可能性があると分かったことは、すごく嬉しかったです。 私自身も、以前より健康になってきています。ポッコリお腹も引っ込み痩せました。母子CM関節症が治りました。27才の娘の健康も大変改善して、とても喜び感謝しています。

兵庫県 岩本さん 女性 49才 4年目 気功師補佐

「気功師養成講座」で、人生の指針を得られました。 生活、仕事、目的に対して、考え方のヒントが役に立っています。 気功をして差し上げた方が、脳梗塞後、リハビリをする気力のなかったのに、自ら歩く練習をする気持ちになられ、嬉しかった。

山口県 山崎さん 男性 44才 8年目

「気功師養成講座」に出会っていなければ、病気に対する考え方が大きく違っていたと思います。 今は、人間の身体を機械の部品のように見る従来の理学療法に違和感を覚え、医は仁術と思って仕事に取り組んでいます。

また、日常的に天の気に心を向ける事が習慣になっています。 仕事の上でも、気を意識したり、按摩功やマッサージをしたり、関節を回しながらほぐす工夫しています。患者さんの治療率も良くなったように思います。

18才の時から透析治療を続けている44才の男性から、11回の治療で(1回につき1時間~1時間半)の治療で「体が軽くなった」と喜ばれました。 週2回30分程度の治療を続けている103才の女性も「脇腹の痛みや太腿の痛みが取れて歩きやすくなった」と喜んで下さっています。

兵庫県 藤川さん 女性 46歳 15年目 気功師 2段

「気功師養成講座」を通じて、いつも変わらず私たちをただ受け入れ、愛し、生かしてくださっている大いなる天の気にふれ、その燦々と光輝く天の気と一つになることを求めて進んでいくというすばらしい道をえました。 「本当のこと、大事なこと」を知り、気を通してそれらを実感し、人生をどうとらえどう生きていくかについて(常に変化していく)大きな指針をえています。

具体的には、心身の気のバランスを感じ、自然や宇宙などの陰陽のリズムや流れについて知り感じ、天の気に祈り感謝しながら気を変えていくことで、自分とまわりの様々な困難(病気・悪感情・人間関係など)をより良い流れに(天の気に)変えていただいてていると思います。 その結果、感謝すること、受け入れること、優しくすること、幸せを祈ること、どっしりと構えることなどが多くなり、より前向きな人間に変わりつつあると思います。 私自身、養成を受講する以前の30歳のころより、今の方が元気に若々しく活き活きとしており、日々こなすこと(仕事や家事等)が素早くたくさんこなせることができ、自分のやりたいことがやれるようになってきています。

気功については、病気の平癒、軽減もさながら、相手の方がより前向きになられ、それに伴いいろんな状況がよくなられ、喜んで頂いたことは多数あります。(私自身が1番に喜びいつも自然に天の気に感謝しています。)

最近のことでは、5月上旬にお仲人夫妻のご主人がお亡くなりになられたので、お通夜から49日までご夫妻に気を送りました。8月上旬に奥様にご主人の気のことで感じたことをお伝えしましたところ、気で感じたことが事実と一致(私はそのことを知らなかったので)していたことにとても驚かれました。そして、(奥様が)自分を責めたり、不安などを感じておられたのが、安心して肩の荷をおろされたようでとても感謝していただきました。

埼玉県 鹿川さん 女性 1年目

奥が深い気功の世界に第一歩を踏み入れたばかりなので、毎回受講するだけで精一杯でしたが、講義を聞けば聞くほど、気功に限らず日々の生き方にも当てはまる内容でとても勉強になりました。 自分の体調の変化を以前よりも意識するようになりました。

気分転換したい時や疲れが溜まっている時などに教えていただいた呼吸法を行うとすっきりして、体調悪化を防げた時が何度かありました。 大学の課題を徹夜でこなして疲れが溜まり肩こりの酷い状態の娘に対して、 マッサージと気功をしたら凝りがほぐれて温かく感じ、気持ち良くなったと感謝されました。

愛知県 大村さん 女性 34才 4年目

「養成講座」で得たものは、はぐくまれていることへの感謝と祈ることの大切さです。 家族や友達が病気のときや悩みを抱えているときに、つたないながらも遠隔気功をさせてもらっています。

北海道 佐山さん 女性 55歳 14年目 初段 気功師

「気功師養成講座」では、養成では、自分が生きて行く道を捜すことが出来、感謝する気持が持てました。また、自分自身を知る事が出来た。

日常生活でも、自分の気や他人の気を感じ自分の言動の修正が出来るようになりました。多方面に学ぶことが出来、沢山の引き出しを持てるようになり、厚みのある気功が出来るようになりました。

また、自分自身の健康維持に役立っている。(「さなぎと蝶」・自分自身に対する遠隔気功等) 気功では、顔を見せるだけで喜んでもらえたり、ホットすると言ってもらえることがあります。 癌や重い病気で笑顔を忘れた方が、気功で心も癒され、自然に笑顔を取り戻すことが出来、感謝されました。病気の方は、孤独で不安で心細い思いをされており、その心に寄り添うことで心のエネルギーが蓄えられ喜ばれた。

また、病気の方だけではなく、家族の方にも喜んでもらえるし、家族の心をも癒すことが出来、感謝されたことがあります。

千葉県 仁田さん  男性 38歳 3年目

 

「気功師養成講座」での令子先生のご講話には毎回心が震えるフレーズがある。その視点で自己を見つめることができます。 自己の健康管理にあたり、具体的に改善できる手段を与えていただきました。 級が進まないことなどを通じ、自分の至らなさを定量的に把握できるので、発奮・努力する糧になっています。

また、自己を見つめるにあたり、天の気、いわゆる「大きな存在」を具体的な形で意識することができます。更に、「気は先行する」という真理は、生きていく上の支えになっています。 「養成講座」に出席することで、講師方、上級の方々を見て、自分もそうなれるんだ、と具体的な希望を持つことができます。 日常的には、体調が悪くなりそうな時に、未然に改善できますし、家族が体調不良時に、それに対処できました。 (腰痛、胃腸不良、吐き気、初期火傷、初期捻挫、など)

北海道 戸島さん 男性 47歳 受講歴4年目

「気功師養成講座」を受けて得たものは、大きく分けて5つあります。 1つは気の世界を実感して、その魅力を感じることができたことです。養成や合宿で気功をしているとき、自分が気功をしている時も、してもらっている時も、上手く気が巡っていると実に気持ちが良く、目に見えなくても気が巡ることや、巡らないということが実存し、確実に気というものがこの世に作用していて、その作用を使って気功で病気を治すこともできることを実感しました。

2つ目は,気功をしていると,病気の人と健康な人(と言っても状態は様々ですが)とは明らかに気の巡りが違い,現実に病気を抱えている人に気功をすると、養成の際に一応健康な人に施術するときと、気功のやり方は全然違い、一様ではないということを知りました。 3つ目は、知識と真の理解とは全く違うということを実感として認識したことです。令子先生の養成での説明は、よく理解できることもある反面、時にその内容・レベルが今の自分には高すぎて、日本語として分かっても,実感として真に理解することができず、気功の世界の奥深さを痛切に感じる時があります。このようなことは法律など専門分野の勉強やスポーツなどでも同じような面(真の理解という意味で)があるとは思いますが、気功の世界は、「気」自体が目に見えないため,5感を含めた人間の持つあらゆる感覚を総動員して実感し、経験を積んで初めて「腑に落ちる」という状態に達することがあるように思います。

4つ目は、養成や合宿などで先生が熱く語ってくださる数々の貴重な人生に関するアドバイスを得ることができたことで、5つ目は、「天の気」を実感することができたことです。天の気の実感体験は、これまで3回ほど恵まれましたが(1回目は5年前の夏合宿,2回目は昨年の実技試験当日の朝トイレの中で、3回目が今年の夏合宿の3日目でした。)、いずれも得も言われぬ感動がありました。それまで、自分は,養成や気功合宿は,仕事を調整して遠方から参加しているのに講義の時間が少ないと若干物足りなさを感じた時もありましたが,天の気に触れた瞬間(と自分が感じた瞬間)、止めどない感謝の気持ちとともに滂沱の涙があふれ出し、令子先生に対する感謝、申し訳ないという気持ちとともに,何万言の説明よりも雄弁に、一瞬にして人生の教訓を感じとることができました(それはあくまでも、その時自分が必要とした教訓だけを感じ取ったに過ぎないとは思いますが)。具体的に言うと、自分はまだ努力が足りないこと、ちっぽけな自分を守るためではなくもっと努力して社会のために貢献しなければならないこと、足りないことに不平を感じたり悩んだりするのではなく、既にたくさんのものを与えられていることに感謝しなければならないこと、などです。 また,さらに今年の夏合宿では,天の気は意外にも「真っ直ぐだ」と初めて感じました。愚直なほどに誠実で,真っ直ぐで、この真っ直ぐな天に対し、真っ直ぐに応えないのは,天に対する恥だと思い知りました。

「気功師養成講座」では、令子先生がいつも言われるとおり,人生のエッセンスが詰まっているので、大きなことから小さなことまで含めると役に立っていることは数限りなくあり、挙げていったら切りがありません。 その中で、特に日常的に今でも大いに役に立っているものを強いて挙げるとすると、人間関係への影響と、自分自身の健康管理への活用の2点です。 後者は、気の滞りが万病の元凶であることを確信し、養成で習った「さなぎと蝶」など体内の気血の巡りを良くする日課を毎日続けることで、日々疲れやストレスというマイナス要因が続いても、病気を未然に防ぎ、なんとか健康を維持することができています。 前者は、養成の中で先生がいつもおっしゃっていることを通して他人に対してより寛容になり,また、理解が深まって来たため、日々の人間関係がよりスムーズに築けるようになってきたことです。人間関係が悪化すると、仕事の能率・精度、心身の健康,生活の楽しさなど、あらゆるものが失われマイナスに作用することを考えれば、日頃から、自分から率先して人間関係を良好にすることを選択するべきで、自らその努力を惜しんではならないと、以前より増して強く思えるようになりました。

千葉県 中村さん 男性 34歳 3年目

「気功師養成講座」で、自分の普段の気持ちや人とどのように接しているかなどにきづきました。 気を感じる感覚がだんだん増しました。日常生活で常に良い心もち、優しい、人を受け入れる気持ちでいようと心がけるようになりました。 毎日自分自身に気功しているうちにだんだん上手くなってきているのか確かに楽になりお腹が熱くなります。さなぎと蝶も最近は横になっても喘息にならなくなったのでやった後とても気持ち良く猫背の肩が開きます。自分の健康に役立ってます。